支社長のつぶやき

支社長のつぶやき2020年12月のアーカイブ

千葉支社は既に年末年始の休みに入っておりますが、年末最後につぶやきたく出社しました。先回ラストスパートと申しましたので、焦りが出てきたのかもしれません(笑)。あと3か月のつぶやきは、勝手ながらトヨタモビリティパーツ千葉支社長としてのつぶやきと言うよりは、1979年トヨタに入社してからの42年を振り返ってのつぶやきと言う面が色濃く出るかもしれません。ご理解くださいm(_ _)m

先週23日に献血実施しました。今回も沢山の従業員が協力してくれました。9月の38人には届きませんでしたが、28人のメンバーが献血してくれました。私は今回もまた血圧が高く、3度計測しなおして何とか献血させてもらいました。血圧を計測してくれる方が、若い女性ということもあり、どうしても緊張してしまうのかもしれません(笑)

先日、川崎フロンターレ 中村憲剛選手の引退セレモニーが行われました。私はトヨタ時代に中南米部に在籍し、サンパウロにも駐在しましたが、正直それほどサッカーに興味があるわけではありません。従ってJリーグもさほどフォローしているわけではなく、名古屋グランパスの成績が気になるぐらいです。

中村選手の引退セレモニーもたまたまテレビで流れていたので見ただけでしたが、彼のスピーチを聞いて感動し自然と涙ぐんでしまいました。特に感動させられた部分が“何でもない大学生を拾ってくれたフロンターレには感謝しかない”という部分です。後で調べたら、中村選手は中央大学卒業間近になってもプロ入り先が決まらず、フロンターレで練習生としてプロ生活をスタートしたそうです。

記者の方々も中村選手の球さばきなど上手さは認めるが、体が細く華奢だったので大成するとは思ってなかったそうです。それがフロンターレで花開き、日本代表としても活躍したのですから、中村選手のフロンターレへの感謝の思いは相当強いものだと思われます。それを引退スピーチでストレートに表現した中村選手の素直さも心に残りました。

中村選手の言葉をお借りすることはおこがましいことであると百も承知ですし、そこら中から石が飛んできそうですが、私も心の底から素直な気持ちで“何でもない大学生を拾ってくれたトヨタ自動車には感謝しかない”という気持ちで一杯です。

私はトヨタでしか働いてませんので、比較対象がなく、トヨタがいい会社だとか、今一歩の会社だとかコメントする資格はないのかもしれません。しかしながら、いろいろな経験をさせてもらったこと、我慢して使ってもらったことへの感謝は素直なものです。中村選手のスピーチを聞いて、その気持ちをより強く自覚した次第です。ご理解いただければ幸いです。

今日を除くとあと3日で2020年が終わります。今年は皆さんも私も、公私ともに今までにないくらい様々な経験をし、いろいろな思いを胸に抱いたのではないかと思います。その経験そして感じた事すべてがこれからのより良い社会につながっていくことを願っております。

少し早いですが、私から皆さんへの年賀状です

では、また。お元気で。

令和3年年賀状

 

前回つぶやいてから随分時間が経ってしまいました。私、来年3月末で退社予定につき、つぶやける時間も限られてきました。これからラストスパートでつぶやきまくりたいと思います(笑)。

旧聞に属しますが、9月中旬に弊社で献血を実施しました。38人のメンバーが献血に協力してくれました。これまでで一番多い人数です。嬉しい限りです。毎年2回、千葉県赤十字血液センターさんに来社いただき献血を実施しています。ただ、今年は皆さんご存知のように新型コロナ感染拡大の影響で、密を避けるために献血に協力する人が減り、輸血用血液が足りないそうです。

そこで、血液センターさんから追加で献血を実施して欲しいと要請を受け、9月に来社していただいた次第です。その後、輸血用血液の不足状況は更に厳しさを増しているとのことで、血液センターさんから再度の追加実施の要請があり、来週献血を実施することになりました。今回も多くのメンバーが協力することにより、輸血用血液確保の一助になれば幸いです。勿論、私も献血します!

献血は、表現が適当でないかもしれませんが、手っ取り早い社会貢献活動の部類に入ると思います。しかしながら、思っているほど誰でも出来るというものではありません。今回も服用している薬の種類や当日の体調などにより、献血したくても遠慮せざるを得ないメンバーが若干名いました。そういう私も血圧が高く、2度計測していただき何とかOKとなりました。自らの健康管理をしっかり行うことは何をするにしても大切なことだと思います。

健康と言えば、私は2014年6月にトヨタ部品千葉共販の社長を拝命してから一貫して、喫煙しているメンバーに禁煙しようよ!と呼びかけて来ました。しかしながら、私の訴える力が弱かったのか、今年初めまで弊社の喫煙率は30%を下回ることはなく、厚生労働省が今年2月に更新した習慣的に喫煙している者の割合:17.8%を大きく上回っていました。

折しも新型コロナウィルス感染症を重症化させる原因として、高齢であること、持病があること、肥満であることなどと共に、喫煙も取り上げられていたので、私としては最後の1年、禁煙しようよ!という強い思いをより具体的に発信するため、隔月でGM(グループマネージャー)にグループメンバーの喫煙者とそのうち誰が禁煙に踏み切っているかをレポートしてもらうことにしました勿論、禁煙を強制するつもりはなく、喫煙を理由に解雇や降格などコンプライアンスに反することは一切しておりません。ただただ、一緒に働くメンバーにより健康になってもらい、自分のためにも、家族のためにも、最大限人生をエンジョイしてもらいたいという心からの願いです。お陰様で4月時点で約100人いた喫煙者も11月末には40人に減少しました。私の思いをうざったく思われる喫煙者の方も多々おられるとは思いますが、自らの健康にしっかり向き合う良い機会とご理解いただき、禁煙チャレンジに一人でも多く手を挙げて欲しいと思います。

最後に英検1級へのチャレンジ結果です。見事不合格でした(涙)。10月に実施された1次試験の結果は2550満点で1934点、合格ラインが2028点でしたので100点弱足りず、2次試験の面接に進めませんでした。今回も過去問を1回分解いただけで受験するという大胆不敵というか、いい加減な準備で臨みました。その割には思ったより合格ラインに近づくことが出来ました。準1級の試験を経験したことで時間配分等、落ち着いて受験出来たことが奏功したと思われます。ここを退職する前に1級合格を勝ち取りたいものの、1級の求める語彙力は半端でなく、1月末の再チャレンジに向け、相当気合入れて勉強しなければなりません。そう言いながら、未だ始動しておりませんが(笑)。

コロナ感染拡大が止まらず、不安が募る毎日です。寒さも増してきております。

くれぐれもご自愛いただき、良い年末年始をお迎えください。